2011年09月21日

「ネットホップ」?⑬

 「ネットショップ」の難しさを書いていて「年金」の事を思い出しました。


私の父の世代、生きていれば90歳を越します。


確か今の金額にすれば、月30万を越す金額を受給していたと思います。


かなり前ですが、父に頼まれて銀行に「年金」を下ろしに行ったことがありますから、うろ覚えではありますが、


そう、違いはないと思います。


別に、父は「高級官僚」でもなく、普通のサラリーマンでした。


現在、はるかに低い金額しか受給されません。


それも、65歳になってやっと権利が生じます。



私達、「団塊世代」は年金改正の過渡期としての「特例措置」として、60歳受給が可能とはなっていますが、


その分減額され、15万前後でしょう。


どんなに一月の生活費を切り詰めても、10万円は足りない。



厳しい時代に入ったものだと思いますが、それでもまだ、恵まれているのかも知れません。


だからこそ、「ネットショップ」に限らず、何らかの稼ぐ手段を探さなければなりません。



Posted by 古本舗ー多摩 at 21:59