2011年09月20日

「ネットショップ」?⑫

 「セミナー講師」は可能性を元に受講者に説明しています。


「嘘」は言っていません。


「受講者」は講師の説明を、自らのものとして理解しようとしています。


自分が「サイト」を運営するとした場合、講師の説明する「集客数」と「購入者数」を自らのものとして、受け取っている。



このことは、私もそうでしたし、「セミナー」終了後、仲間とお茶を飲んだ時にも、皆そう思っていました。




しかし、その後、半年、一年と経つうちに、当時の中間達と話をすると、やはり自分たちの甘さを痛感しました。



「ネット」というものは、「実社会」と比較しても、遥かに難しい。


参入ハードルが低いだけ、それだけにより難しいということが事実です。



このことを「講師」も「書籍」も、誰も説明していません。



Posted by 古本舗ー多摩 at 13:41