2011年09月03日

「ネットショップ」はどこへ⑰

 彼らと話をしていると、『HP』と『ネットショップ』の違いと言うものを、よく理解していないように思います。


まあ、年齢的に高くなっていますから、必ずしもインターネットの世界に詳しいわけではありません。


私も含めて、50代以上の者にとっては、インターネット、イントラネットが企業に取り入れられたのは、上場企業は

別として、中小の場合、この10年ぐらいです。


つまり、彼らが中年過ぎて、社内改革として、進められたものです。

それだけに、彼らは苦労した世代です。


なれないキーボードを操作し、社内メール、稟議書等を書いていったわけです。


そのへんが若い人と比べて、違うところです。


それだけにパソコン、インターネットに関しては、必要以上に感覚が『ブラックボックス』化する傾向があります。

またこの世代は書籍、マニュアルを信奉しすぎるきらいがあります。



それは今まで強みでもありましたが、今の時代の場合、強みになるんだろうか?



Posted by 古本舗ー多摩 at 07:35