2011年04月09日

「インタビュー」依頼?

 一昨日になりますか。


電話があり、「インタビュー」の依頼がありました。


「ネットショップ」を始めた動機、それまでの仕事等。

話を聞くと、「Webマガジン」にのせるため、「写真」+「記事」とのこと。

取り合えず、「御社の資料をメールしてください。それから検討します。」と返事しました。



メールで送られてきた資料を見ていると、古い昔の事を思い出しました。



 「営業」を経験していると、本当に、様々な経験をします。


現在では下火になっているかも知れませんが、昭和40年代まで盛んだったひとつに「業界誌」という存在があります。


「企業」経営者に「インタビュー」を申し込み、自社の「雑誌」に「経営者紹介」として掲載します。


当然「無償」とはいかないでしょう。


それなりの「部数」の買取、あるいは定期的な「購読」等、巧妙な企業へのアプローチでした。


 「実社会」での「商売」は「ネット」でも「有効」です。


もちろん、これは私のかってな「邪推」であり、その「Webマガジン」とは何の関係も無い話だとは思います。


ただ、「営業経験」が長かったため、幸か不幸か、様々な「手口」を熟知する機会が多かったため、



物事を多方面から見るクセが、後天的に身に付いてしまったためでしょう。



少なくとも、今現在、「ネット」の中には、様々な「商売」が発生し、今後も生み出されていくでしょう。



 取り合えず、その話は「丁重」にお断りいたしましたけれども・・・。




                                             古本舗ー多摩  http://huruhonpo-tama.jp/



Posted by 古本舗ー多摩 at 21:36